イベント

Kivyはイベントベースで、プログラムの流れを意味するイベントによって決定されます。

クロックイベント

../_images/gs-events-clock.png

クロックオブジェクトは、schedule_once()に将来的に一回限りのイベントをschedule_interval()に繰り返し行うイベントをスケジュールすることができます。

create_trigger()を用いてトリガーイベントを作ることができます。トリガーは、同じコールバックトリガーを複数スケジュールした場合でも各フレームごとに一度、コールされるという利点を有しています。

入力イベント

../_images/gs-events-input.png

すべてのマウスクリック、タッチとスクロールはMotionEventの一部で、Input Postprocessingによって拡張され、Window クラスの中でon_motion()イベントを通じて送られます。 これらのイベントはWidgetにてon_touch_down()on_touch_move()とon_touch_up()イベントを生み出します。

詳細な説明については、入力管理を見ます。

クラスイベント

../_images/gs-events-class.png

Widgetにより用いられるベースクラスのEventDispatcherは変更を送るために、プロパティを使います。 これは、Widgetの位置やサイズを変更したときに、対応するイベントが自動的に発生します。

加えて、Button widget内のon_pressとon_releaseのイベントが示すように、register_event_type()を使用して、独自のイベントを作成する機能を持っています。

注意すべきもう一つのこととして、イベントを上書きした場合は、ベースクラスで以前処理されたビへイビアを実装しなければなりません。 これを行う簡単な方法としてsuper()を呼び出すことです。

..Get more familiar with events by reading the Events and Properties documentation. イベントとプロパティのドキュメントを読むことで、イベントに慣れましょう。