入門

このドキュメンテーションはKivyのGetting Started » Drawingを日本語訳したものです。 https://kivy.org/docs/gettingstarted/drawing.html

描画

各Widgetは、キャンバス(例:描画スペース)を持っています。 キャンバスは、描画命令の集まりです。Widgetのグラフィカルな表現が再描画がされるたびに実行されるべきものです。

コンテキスト命令とバーテックス命令:キャンバスに2種類の命令を追加することができます。 Pythonコードから、またはKVファイル(好ましい方法)のいずれかかからの命令を追加することができます。 KVファイルを経由して、それらを追加した場合の利点は、任意のプロパティは変化した場合に自動的に更新されることです。 Pythonの場合、自分で行う必要があります。 Kivyグラフィックスの処理方法での詳細な外観については、こちらをご覧ください。

https://kivy.org/docs/_images/gs-drawing.png

どちらの場合も、私のウィジェットの位置やサイズが変更されるたびに、キャンバスは再描画されます。 それらを実行したいときに基づき、あなたの指示で別個にするためにcanvas.beforeまたはcanvas.afterグループを使用することができます。 Kivyグラフィックスの処理方法での詳細な外観については、こちらをご覧ください。